下痢の時は、食事をどうしたら良いでしょうか?

下痢になったら,まず何に注意するべきか?

下痢の多くは、食事で摂取したウィルスや細菌、食中毒などによるものです。 下痢は、ウィルスや細菌などの原因となる物質を体内から排泄しようと、水分を過剰に含んだ便が、1日に何度も排泄される 状態です。

何度もトイレに行って辛いですが、無理矢理下剤などで下痢を止めないようにしましょう 。ウィルスや細菌を体内に閉じ込めてしまうことになります。

下痢を起こすと、大量の水分が失われるとともにナトリウムやカリウムなどが失われます。この状態が続くと脱水症状を引き起こします。脱水症状を引き起こさないように、水分補給をしましょう。

下痢の時の水分補給は、水やお茶より食事(スープ、味噌汁、果実など)で行う方が適しています。水分と一緒にナトリウムやカリウムの補給もできます。 大半の下痢は、お腹を温めて安静にていれば、治ってきますが、激しい腹痛などを伴う時には、早めに病院にいきましょう。

下痢の時の食事は、消化の良いものを細かく切ったり、やわかく煮たりなどしてお腹に負担の少ない食事になるように心がけましょう。消化の良いものは、おかゆ、うどん、パンがゆなどです。少しずつゆっくりと食事をしましょう。

消化の良い食事とは??

下痢の時には消化の良い食事ができるように食材を選びましょう。普段は健康の維持に良いとされており、いつも食べているものも控える必要がある場合があります。食べ物に分類して分けてみますと下のようになります。

穀類
おかゆや軟らかい御飯、しっかり煮たうどんなどは消化が良くお勧めです。玄米御飯、コーンやそば などは、消化の良い食事でないため控えましょう。

芋類
サツマイモやこんにゃくには食物繊維が多く含まれているため、胃に負担がかかりやすくなります。ジャガイモはサツマイモに比べれば食物繊維は少ないのですが、それも食物繊維が多い部類なので下痢の初期は控えた方が良いかも知れません。

肉類
豚バラ肉やベーコン、ソーセージなどは脂肪の多い食べ物は消化悪いため、下痢の時には良くありま せん。そんな時ほど、食べたくなってしまいますが我慢しましょう。

野菜
健康を維持するためには、野菜は不可欠ですが下痢の時には食材を選ぶ必要があります。ごぼう、キ ノコ、ねぎ、タケノコ、レンコンなど食物繊維の多いものは極力控えましょう。キャベツや人参などを軟らかくしてスープなどにして飲むのがお勧めです。

果物
バナナやリンゴは消化が良いためお勧めです。バナナは、固いものより軟らかいものを選びましょう。リンゴもミキサーなどで細かくすると良いです。キウイやパイナップルなどは避けましょう。果物は、消化が良いというイメージがありますがそうでないものありますので良く確認しましょう。

菓子
下痢の時は、油で揚げたスナック菓子やドーナッツなどは特に避けるようにしましょう。消化の良いお菓子もありますが、多くは消化が悪いものが多いので避けるようにしましょう。消化の良いものを細かく切ったり、やわかく煮たりなどしてお腹に負担の少ない食事になるように心がけましょう。

飲み物
温かい飲み物にしましょう。下痢には冷たい炭酸水などはもっての外です。コーヒーやココアなども控えましょう。

食べる量は少なくし、少しずつゆっくりと食事をしましょう。下痢が治ってきたからといって、急にいつもの食事に戻すことは避けましょう。少しずつ普段の食事 に戻していきましょう。

腸に負担をかけないように 油や糖分、香辛料を避けた食事にしましょう。

食中毒による下痢の防止

食中毒による下痢は、普段の家庭の食事でも起きています。消費期限を守ることは当然ですが、新鮮な食材を選び使いましょう。

肉や魚の食事には特に注意が必要です。以前生肉を食べて亡くなった方ことがありましたが、加熱前に肉には十分注意が必要です。下痢より重い病気になってしまう可能性もあります。

調理前の肉や魚を手で触った際には、しっかりと手洗いなどをしてから調理する必要があります。処理前の食材は、常温に長時間放置しないようにしましょう。0157など菌は、常温で放置すると20分程度で倍程度になってしまいます。冬だから大丈夫と安心できません。

ノロウイルスは11月~2月に最も食中毒が発生しています。感染し ないように衛生管理をする必要があります。食中毒による下痢などをしないためには、菌をつけないようにし、増やさない、そして付着した菌は殺すことが原則となります。

厚生労働省 ノロウィルスQ&A

過敏性腸症候群とは

最近、ストレスで下痢になる人が増えています。これは、自律神経のバランスやストレスが原因で引き起こし、過敏性腸症候群という病名です。日本人の一割がかかるとされており、急な下痢や便秘が繰り返し起きたり、おならが良く出たりします。

そんな方は、さらに食事に気を付ける必要があります。脂質の多いもの、冷たい飲みものや食事、香辛料、コーヒー、アルコールを避けましょう。

普段から食事や生活習慣に注意しましょう。 食べ過ぎ飲み過ぎをしないようにしましょう。暴飲暴食は良くありません。普段から食事の量に気を配りましょう。

普段からたくさんの量を食べ ているとそれが習慣になってしまい、たくさん食べないと物足りなくなってしまいます。極端に少な くする必要はありませんが、腹八分目で食事が満足できるように心がけましょう。

歯ごたえがあり良く噛む 食事は、満腹信号が脳に伝達されやすくなりますのでお勧めです。さらに良く噛んで食べることは 、消化をよくしますので下痢にも効果的です。

睡眠をしっかりと確保しましょう。普段からしっかりと睡眠を取ることは、自律神経の乱れを少なくする上でも大切です。睡眠をしっかり取ることは、免疫力を高めるため下痢にも効果的です。

腸内環境を整える食事に心がけましょう。ヨーグルトや乳酸菌を摂ることで腸内環境を整えることにつながります。普段から腸内環境を整え ておけば下痢になりにくくなります。