下痢になりやすい人は特に油に気を付けましょう。

油コッテリ料理の食べ過ぎ注意

ラーメンや揚げ物など、油っこい食事を好む若い人は多いですね。お酒を飲んだあとは必ず油こってりのラーメンでしめる、というお酒好きの方も多いのではないでしょうか。

油っこい食事をしたあとは確かに「食べた!」という満足感が高く、幸福感があるかもしれません。でも、油っこい食事は下痢を引き起こしやすいのもまた事実。でも油が下痢を引き起こすメカニズムってどんなものなのでしょうか。

食事が原因となる理由もいろいろありますが、油が原因の場合は脂肪、つまり油が分解されずに腸に残っていることが原因です。薬を飲めない妊婦さんが陣痛を促すためにひまし油を飲むことがありますが、これも油が腸内で分解されずに下剤として効くからです。体が余分なものを出そうと働くことで起こり、陣痛が促されるのです。

油は腸にとって刺激物。油っこい物を食べると、その刺激によって胃、小腸、大腸が活発に働きだします。胃はいそいで食べ物を小腸に送り、小腸は栄養を吸収をするのをやめていそいで大腸に便を送り、大腸は食べ物を早めに体外に出そうとします。そして下痢という症状になって便が出てくるというわけです。

でも油こってりのラーメンを食べた人全員が下痢をするかというとそうではないですね。油っこい食べ物をいくらとっても下痢にならない人ももちろんいます。そういう人はきちんと油の脂肪分が小腸で分解されているのです。

こうした内蔵の働きは年を重ねると共に衰えてくるので、ある程度の年齢になると人は「昔は朝から揚げ物でも大丈夫だったのにな」「毎日油こってりのラーメンでもいけたのに」となるわけです。

油を少なくするコツは?

とは言っても油っこい食事をとると体調はいいのに毎回必ず下痢になる、という人は念の為に一度病院にかかることをおすすめします。もしかしたら膵炎などの病気かもしれません。膵炎の原因としては、油こってりの脂分の高い食事、アルコールの過剰摂取、精神的なストレスや過労などがあげられます。薬をきちんと飲めば落ち着くようですが、一度治っても気を付けていないと再発する事があるようです。

予防策としても油っこい食事ばかり続けてとらない方が良さそうです。昔の日本人が食べていたような、あっさりとした和食中心の食事をしている人はこうした病気とは無縁でいられそうです。

今は各社からノンフライヤーという油を使わなくても揚げ物ができる調理器具が登場しています。膵炎を患っているがどうしても食事に揚げ物が欲しいという方はこうした調理器具を試してみるのもいいでしょう。